つまのかお その瞳にはヒロシマと家族の姿が映っていた
NEWS イントロダクション あらすじ 推薦文 上映委員会 監督紹介 歴史解説 劇場情報 予告編 リンク
つまのかお|上映委員会
『妻の貌』全国公開まで

公設民営の映画館・川崎市アートセンターが、同センター映画事業企画・作品選定委員長の佐藤忠男さんの提案を受け、上映機会に恵まれない優れた映画を上映する試みをスタート。半年の準備を経て「『妻の貌』上映委員会」を立ち上げ、配給・宣伝を含め関係各位の協力のもと、全国公開にこぎつけたものです。
『妻の貌』上映委員会

代表:佐藤忠男(映画評論家、日本映画学校校長)
賛同者:新藤兼人(映画監督)/秋葉忠利(広島市長)/スティーブン・リーパー(財団法人広島文化センター)/新藤次郎(映画プロデューサー)/大林宣彦(映画監督) /澤地久枝(作家)/市山尚三(映画プロデューサー)/白鳥あかね(スクリプター、KAWASAKIしんゆり映画祭顧問)/北條誠人(ユーロスペース支配人)/岩崎ゆう子(コミュニティシネマセンター事務局長)/岩槻歩(川崎市市民ミュージアム学芸員)/千葉茂樹(映画監督、KAWASAKIしんゆり映画祭代表/ふじたあさや(劇作、演出家、KAWASAKIアーツ理事長)/野々川千恵子(川崎市アートセンター映像ディレクター)/財団法人 川崎市文化財団
2008年 / カラー / DVカム / 114分
監督 : 川本昭人  撮影:川本昭人  編集 : 川本昭人、小野瀬幸喜  ナレーター : 岩崎 徹、谷 信子、川本昭人
配給 : 『妻の貌』上映委員会  配給協力 : 東風、KAWASAKIアーツ
Copyright (c) 2009 Kawamoto Akito . All Rights Reserved.